タップ(TAP) | ダンススクール LAB3 大阪

タップダンス(Tap Dance)は、20世紀初頭にアメリカやドイツなどで生まれた新しいジャンルのダンスの一つです。
元来はアメリカ南部の黒人のダンス。

タップスと呼ばれる金属板を靴底の爪先(ボウル)と踵(ヒール)につけて床を踏み鳴らしながら踊るダンスです。
現在は、様々なスタイルに進化しています。
スタイルを分けると、ビートを重視した「リズムタップ」、体全体の踊りも重視した「ミュージカルタップ」があります。
また、タップダンスのみで演奏、ダンスすることを「アカペラタップ」と呼んでいます。

元来ジャズで踊られてきたが、現在では多様化しヒップホップやファンクなど様々な音楽で踊られています。

INSTRUCTOR

心斎橋 スタジオ

阿波座 スタジオ


阿波座スタジオcomingsoon