入門クラス | 初級クラス大人向けダンス用語

初心者・未経験者の為の、ダンススクール スタジオLAB3 大阪のダンス用語解説ページ。

レッスン中、普段聞き慣れない言葉をよく耳にします。
言葉の意味が分からず戸惑う事もあると思いますが、
インストラクターは、なるべく分かりやすく解説してくれますので、気軽に質問して下さい。
ここでは、レッスン中によく聞くダンス用語を紹介します。

アイソレーション

アイソレーション(Isolation)とは、体の各部分を単独で動かすこと、またはトレーニングです。
逆に言うと意識した体の部分以外は動かさない基礎トレーニングです。
動かす部分は顔、首、肩、腕、手、指、胸、腰、足、など様々でストリートダンサーのウェーブやパントマイムの壁などはアイソレーションの練習の成果ですね。

ビートトレーニング

他にもリズムトレーニングと言ったり略してビートレと言ったりします。ダンス最大の難関にして最も楽しい部分でもある音楽に合わせて動くことを鍛えるトレーニング。
ダンスはジャンル毎に独特なリズムの捉え方(ノリ)があるのも楽しいところの一つです。

コンビネーション

コンビネーション(combination)とは、組み合わせることを指します。
ダンスで使われる場合は●●ステップと▲▲ムーヴをつなげて踊る事です。
レッスン中に言われた場合は、レッスン中に教わった動きを二つ以上つなげて練習する事です。

ルーティーン

ルーティーン(routine)とは、決まった一連の動作をすることを指します。つまりダンスにおいては振付の意味です。
ルーティンやルーチンと言ったりもします。
野球のイチロー選手やラグビーの五郎丸選手も打席に入る前、ボールを蹴る前に決まった一連の動作をしますが、
ダンスの場合、踊る前に何かをする事を指すのではなく一人または二人以上で振付を踊る事を指します。

ユニゾン

ユニゾン(unison)とは、一致を意味します。
一人の場合でも振付を踊る場合にはルーティーンと言いますが、ユニゾンの場合、複数人で全員同じ踊りを踊ります。